​セミナー風景

本セミナーの開催は終了しました。引き続き、1億円を目指すサロンについては​、

オンラインサロン「ToBeOne」をお楽しみください

​チャレンジサロンを見る

​オンラインサロンを見る

NEWS​

​■1億円のつくりかた事前説明会がスタート!

「店の売り上げが思うように上がらない」、「店のメンバーのやる気がいまいちでまとまらない」、「美容室オーナーとして成功したいけど、なにから始めたら良いのかわからない」そんな悩みをもつ美容室オーナーは少なくない。

 

そんなオーナーの悩みを経営・税務・労務・採用など各分野のプロフェッショナル集団がチームでサポートし、わずか1年で1億円の売り上げを目指す「tobeone」が2020年1月に始動する。

朝のさわやかな雰囲気の中、7月8日月曜日に天神のアーリークロス会議室にて、第1回目の事前説明会が行われた。今回は、「tobeone」のサポートメンバーの1人、美容師オーナー経験者で、美容業界の専門家である上野力氏に登壇いただき、月商600万円から、半年で月商1000万円になったストーリーについてお話しを伺った。

■親からの反対を押し切って美容師の道へ

「一級建築士の父と看護師の母で、堅い家でした。将来は公務員かパイロットになれと言われていて」と上野氏は自身の生い立ちを話す。

高校時代はラグビー部に所属し、部員の髪を切っていたという。髪を切ることに楽しさを感じて、ラグビー進学か美容師で進路を迷い、両親の反対を押し切って美容師の道へ進んだ。

北九州の専門学校を卒業後に、大阪で7年間経験を積み、福岡に帰郷した。収入は、大阪時代は月間の指名売上が250万円あり満足がいくものであったが、福岡にハサミ一本で帰郷して激減したという。

■フロアを2倍にして独立。まさかのどん底に

「福岡で店長をしていたときは40坪の2フロア、9席の店を運営していました。当時はエクステンションが流行していて、店は満員が続いてお客さんを断っていたんですよ。ちょうど、店の上の階のフロアが空いたので、そこを借りて店を2倍に拡大することを決めました。今までは雇われ店長をしていたのですが、オーナーに相談して独立の話しをしました。上のフロアを独立するなら今までのフロアも見ろと2フロアを任せてもらうことになったんです。フロアが2倍になると、当然売り上げも2倍になると思っていました」と上野氏は当時を振り返る。結果、売り上げは1.1倍にしかならず、どん底を経験した。

「経理担当のおじさんから、『後、数ヶ月で倒産よ』と言われて、新しく天神の西通りのサロンを夜の閉店時間だけ借りて、サロンの営業時間を24時間にしました。お金が欲しかったんです。3交代制で売り上げは上がったんですが、店を任せていた管理者が精神的に支障をきたすようになって、天神のお店は半年で閉店しました」と当時のどん底時代を振り返った。「まさか独立してすぐつぶれるなんて思ってもみませんでした。そこから、スタッフになにか残せる、誇れるサロンをしたいと思うようになり、月1000万円サロンを目指すようになりました」

上野氏は、月商600万円をたった7ヶ月で月商1000万円に成長させた。変化するために実践したポイントは、今後の「tobeone」事前説明会、オンラインサロンで体験してもらいたい。ポイントを実践することにより、目指すものが1つに決まり、スタッフの使命感・責任感が増したという。

■意志が弱い自分を変えたのは

「僕は意志が弱いんです。でも、これだけはやりたかった」と上野氏は語る。1000万円を達成するために、絶対にあきらめることができない環境を作ったという。「まわりの人に『1000万行くけん』と言いふらしたんです。自分を追い込むために言ったんです」自分が月商1000万円サロンをつくると人に言いまくったことによって、弱い自分を追い込んでいったという。

「まわりは大した反応ではなく、応援してくれる人はいなかった。自分の店のスタッフくらいしか応援してくれる人はいなかった。経営者はこんなに孤独なんだ。自分がやらなきゃいけないと思いました」と当時を振り返る。

■目指したときから、明日が変わる

そこから上野氏は「1億円サロンは月1000万円でできるんだ」とスタッフにも言い続けた。孤独な自分を理解して言い続けたという。結果は、1007万円。年末の12月30日、ラストの日に達成した。「達成したときはえた。半年の短い期間で達成することができた」

 1億円サロンを目指すようになってから、上野氏とスタッフに変化が起きた。上野氏自身に起きた変化は、個人思考からチーム思考への意識の変化だった。「個人でやれば売り上げがついてくる。から、みんなで協力すれば、チームで目標を勝ちとってなんでもできるに変わった」という。

 スタッフにも大きな変化が現れた。1億円サロンを目指していないときは、店内は人間関係のトラブルが続いていた。みんなが目標を目指してからは、小言が生まれなくなった。「私も売り上げ目標を達成したい」とみんなが売り上げを気にしだすようになった。そして、一度1000万円を達成すると数字がいきなり落ちることはなくなったそうだ。

■あなたの参加が、1年後の姿を決める。STAY or TRY

上野氏は「誰でも1億円サロンをつくるのは可能だ」と話す。「目指すか目指さないかはトップの覚悟次第。来店動向の分析による集客UPの施策などは、今の時代に合ったものを学んでいければ達成できる」と語った。

■参加者の声

■編集部より

わずか1時間のセミナーでしたが、みなさんメモやボイスレコーダーを使って聞かれているのがとても印象的でした。内容は、美容業界ではない私が聞いても非常にわかりやすく、シンプルなものでしたが、だからこそどれだけ本気で目指しているのかが最も大切な事だと納得できました。

HPやフェイスブックに1時間の内容はほとんど公開していますが、その場で疑問に思った事を質問できる環境や、経験者の口から発せられる言葉の重みは、参加しなければ感じる事は難しいのではないでしょうか。

ですので、私からはこんな方に強くお勧めいたしま!

 

「独立志向のある美容師の方」

「1年で1億円サロンを目指している・目指したい方」

「将来1億円サロンを目指している・目指したい方」

「現在チャレンジしている・したい方」

 

 

みなさんを取材できる日を心よりお待ちしております!

※本セミナーの開催は終了しました

© 2019earlycross Co.,Ltd. ALL Right Reserved

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン